日経ミニ先物エリオット波動シナリオ考察と中長期展望(’18 12/23)

(先週土曜日に投稿する予定だったのですが、下記の記事を書いてる時に風邪を引いてしまい、、起きたら日経大暴落なので、頓珍漢な部分もありますがそのままアップします)

世の中すっかり弱気になったもので、日経新聞やNHKでも日経2万割れ寸前と報道されています。

挙句の果てには私が参考にさせて頂いている方のツイッターアカウント写真が可愛い子熊(ベア)になったり・・・

確かに2016年後半からの相場雰囲気に慣れてる人にとっては、今年の下落は厳しいかもしれないです。まぁ一般ニュースで株安が報じられた時が底値だったというシナリオが分かりやすくすっきりしそうですが、ちょっとそんなに簡単にはいかなさそうな雰囲気です。

その一番の理由が米株が総崩れであること。先行指数と言われるダウ輸送株、ハイイールド債、ラッセル2000は壊滅的で、週足で見ると50週移動平均線が下向きになり、かつ200週移動平均線を下に割りました。

◎ダウ輸送株指数週足チャート(出典:StockCharts.com)

20181223_週足

2016年の資源暴落時は、200週移動平均線を割ってすぐに上に復帰し、しばらくもみ合った後にトランプラリースタートでしたが、今回はどうなるか分かりません。

それでは日経225先物を見ていきます。

まず下記に示すのは短期的に見た今年後半にはいってからの日経225先物チャートです。

中長期分析_20181223_2

現在のエリオット波動における日経225の位置としては、サイクル1波中のプライマリー5波中のインターミディエイト4波中のマイナーC波による下落が進んでいると考えます

2018年2月といい、10月からの下落といい、もうすでにサイクル2波中のプライマリーA波が始まっているんじゃないの?という疑問は当然あるのですが、現在のシナリオが矛盾をきたしたわけではないので、シナリオの変更はありません。しかしながら後に示す二つの重要な価格19300円と19030円を勢いよく割ってくると赤に近い黄色信号です。

2週間前に投稿した時点では、インターミディエイト4波中のマイナーB波によるもみ合いがしばらく続くと考えていましたが、現時点の波を見る限り、マイナーB波はフラットになって12月3日の22720円で終了し、そこからはマイナーC波による推進波の下落がスタートしていると考えられます

更に現在進行中のマイナーC波は、ミニュット2波までを終えて現在ミニュット3波による強烈な下落が進行中と見受けられます。

ここで、下落が止まるポイントの値段としては大きく3つ挙げられますが、それは次の中期チャートを元に示します。

中長期分析_20181223_1

まず現在の日経225の安値19780円から近い下落目途となるポイントとしては、これまでに何度か言及しています通り、インターミディエイト3波の値幅8385円の61.8%押しである19300円が強い抵抗帯になる可能性が高いです。

ただ、現時点でこれだけ勢いよく下げられると、19300円で止まる可能性の方が低いと言わざるを得ません。

次の重要なポイントは、インターミディエイト4波中のマイナーA波の下落幅3690円とマイナーC波の下落幅が一致する点である19030円が抵抗帯になると考えられます

したがって現時点の見立てでは、インターミディエイト4波中のマイナーC波中のミニュット3波が19300円前後で終わり、その後ミニュット4波による反発を挟んで、再度ミニュット5波が19000円前後まで進行するというシナリオを予想します

しかし、、、

2015年も2016年もそうでしたが、これだけ弱気相場になると一撃で安値を付ける可能性よりも、天翔龍閃の二撃目のように、この後本番の下げが待っている可能性のほうが高いのではないかと。

例えば2015年は8月の暴落後、9月後半に17000円を下回る下落が起きてそこから反発しました。2016年は大発会から下げに下げましたが、結局安値を付けたのは2月12日?でした。

色んな人が来年の2月前後は本当に危ないと警告しているため、そこで当面の安値を付ける

というのが上のチャートで示した予想グラフとなります。

改めて現在のエリオット波動の位置は、サイクル1波中のプライマリー5波中のインターミディエイト4波による下げの波が進行中ですが、

一般的に4波の押しは小さくなることが多いと言われています。

一応、1波と4波が重ならない限り、エリオット的には成立はしますが、61.8%押しを勢いよく下に突き破るようなことがあれば、少なくとも異なるシナリオを両建てして検討する必要ありです。

76.4%押しは18075円なので、かなり遠いですが、18000円台に突入してしまうと、恐らく相場はパニックになっているはずなので、18000円台で止まる保証もありません。

何度も死んだ私がいうのはおかしいですが、「まずは生き残る」ことを最優先に行動すべき時なのだと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大