日経225エリオット波動相場予想(’18 11/11)

先週に投稿した時と状況はそれほど変わっていないと考えられるため簡単に。

現状分析_20181111_1

現在は、サイクル1波中のプライマリー5波中のインターミディエイト4波中のマイナーA波中のミニュットB波による上昇の局面だと認識しています。

一般的に4波とB波は、一方向に動くことはなく、だらだらどっちにいくか判然としない気迷いな波だと解釈しています。

今のところはまったりと上昇しているものの勢いは感じられないため、B波の波であるとの解釈は当たっているように見えます。

勿論、4波、B波は必ずしも値幅が小さくなる大人しい波というわけではなく、時として上下に乱高下することも想定されます。

先週は米中間選挙があったため、可能性は低いとは思っていましたが、下手したら先々週の安値20790円を一時的に下回って、そこから急反転するような動き(ミニュットB波がエクスパンディットフラットになる)もありえたわけで、

このように上下に激しく動く事も4波、B波の特徴であるため、なかなか手出しするのは難しいです。

ちゃんと確認したわけではないですが、半期の決算も出揃ってきて、去年ほど増益というわけではなく、一方で悲観するほどでもないという感じがツイッターのタイムラインを見ていて感じられるため、何かしらよっぽど悪い事が起きない限りは年内はこのまま大人しい相場になりそうな予感です。

上昇の戻りのめどとしては、24480円から20790円までの下落幅3690円に対いて、50%戻しの22635円が第一関門です。

先週の高値22580円はこの近傍で跳ね返されたとも見れます。

これを突破すると次は61.8%戻しの23070円がポイントです。

マイナーA波中のミニュットA波が24480円から衝撃波(重ならない5波動)で下落したように見えるので、今のところマイナーA波がフラットの形になる可能性が低いと考えられ、

だとすると、ミニュットB波はそれほど大きく戻らず、戻っても61.8%の23070円で、これを超えることはないと想定していますが、どうなるでしょうか。

売り方としては現在のミニュットB波が終わった後のミニュットC波による下落をいかにして収益化するかが最大の関心事です。

まぁ私がショートをするのはいつもワンテンポ、ツーテンポほど速いため、ある意味ポジティブに、思い通りにいくはずはないと思いながら気長に待とうとは思っていますが、、

来年1~2月は結構下落すると思うんですけど、やっぱり甘いですかね・・・。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大