日経225エリオット波動相場予想(’17 10/1)

20370円が天井ではなかったかー。

仮に現在のエリオット波動の波の数え方が正しいとすると、9/11の19085円からスタートしたミニュエット1波の上昇において、サブミニュエット5波の真っただ中にいると考えられますが、このサブミニュエット5波中の小さな波を考慮すると、最低あと1回は上昇は見込めそうです

20370円をつけてからは、比較的大きな値幅の下落、上昇を繰り返しており、一方向の動きとは言えません。これは5つ目の波に良く表れる特徴といえるため、今回のこの一連の上昇が終盤にいることは間違いなさそうですが・・・こういう場合はたいてい、踏ん張っている売り方を絶望に追い込む最後の上昇が待っているような。。

更にはエクステンションする可能性もあるとなれば、ショートは撤退、ましてやプットのロングなんてやってる場合ではないですね。

うーん、また損切りになりそうです。

まぁ10月SQまでは2週間あるので、このまま選挙期間中まったく波乱がないとは考えにくいですが、これだけ良い材料にしか反応せずに、悪材料は無視する状況が続くと厳しいです。

ミニュエット1波の後の2波の調整が、1波上昇の50%に相当するだけで約700円程度の下落が見込まれるわけですが、それがいつ来るか分かったら苦労しないわけです。

万一、23.6%の調整だけでミニュエット3波に突入してしまうと、売り方は全滅、日経225の上値も21000は軽く超えていくのではないでしょうか。でもそんなことになったら外人ばかりが得をするような気がしますけど・・。

今年は年初からもみ合い→1回目の下落(4月)→急上昇→もみ合い→2回目の下落(8月~9月)→急上昇(今ここ)なわけですが、

もう少し広い視野で眺めてみると、約16000円から19500円まで上昇したあの恐怖のトランプラリーの上昇に対して、ゆっくり時間をかけながら調整と上昇を繰り返しているだけなんでしょうか。60日線と25日線がデッドクロスして、かつ傾きがマイナスにまではいったんですけどね。

結局は今年は上昇トレンドの中にいるという結論で間違いなさそうです。(衆院選挙で大波乱とか起こりえますかね?私はなんだかんだでないと感じていますが・・)

暴落&下降トレンド開始にいくためには一旦総楽観が必要でしょうが、現在ニュースでも1357日経ベア2倍が大人気と話題なので、まだまだ遠そうですね。

本当に日銀、年金は個人投資家の敵だと思いました。

現状分析_20171001

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大