日経225エリオット波動相場予想(’17 7/30)

ここ数か月、下は19800円、上は20300円とかなり狭いレンジ内での動きに留まっている日経225です。

私はこれまで上の抵抗帯っぽい20300を超えることを首を長くして待っているわけですが・・・待っている間にコールが紙くずになりベットすら出来なくなっていました。

ただし前から分かっていた事ですが、7月中旬に会社の積立金を全額下ろして軍資金を得られたので、結果的に「退場」状態ではありません。

ですが100万あろうが200万あろうが、先物オプションは1か月もたたないうちに溶けてなくなることを何度も体験しているので、何とかこれまでの過ちを繰り返さないようにしたいと思います。

と言いつつ、先週高値でコールをジャンピングキャッチしてしまったため既に含み損50%なのですが・・・今週はISM指数、雇用統計など米国経済指標が多いため立ち回り方が悩ましいです。

以下に現状のエリオット波動分析を示します。

現状分析_20170730_1

上図のように、エリオット波動うんぬんではなく、レンジが収れんしつつある事から近い将来上下どちらかにブレイクするであろうことは言えると思います。

エリオット波動の観点で見ると、現在まだミニュットA波の上昇が続いている中で、最後のミニュエット5波中のトライアングルによる調整中であれば、そう遠くないうちに現在の高値20290円を上にブレイクしに行くと考えられます。

しかしながら上に遠くないうちに上にブレイクするであろうということは1か月前からずっと予想し続けていて、裏切られているのが現実です。

たしかにミニュエット5波は20290円を付けた時点で重なる5つの波を全て描き終えたとも考えることが出来るので、現在はミニュットB波による下落している途中とも見れなくはないです。

ただし、それならそれでさっさと下落しても良いと考えられますが・・・なかなかレンジから抜けてくれません。

ミニュットB波中のミニュエットA波、またはミニュエットB波がダブルスリー、トリプルスリーを描いているという可能性もあるのかもしれません。

どちらかというと、前者、つまりもう一度上値をとりにいくというシナリオにかけているというのが現在の私の予想です。

参考として、昨年6月からのチャート図を下に示しますが、こう見ると昨年が如何にボラティリティがあったか、あるいは今年が如何にボラティリティがないかということが良くわかりますね。

現状分析_20170730_2

さて一方で、最近エリオット波動以外の定点観測点についても出来るだけ気を付けてみていますが、それらの観点において現在の相場をどう解釈すべきか自分なりに考えてみました。

以下に示す項目について、日経225について5段階で評価してみます。(5が最もポジティブ、1が最もネガティブ)

①ハイイールド債

②ダウ輸送株

③米国その他

④主体別売買動向および裁定買い

⑤掲示板、ツイッターの雰囲気

⑥ドル円

⑦日本その他

①ダウ輸送株については50日線を下抜け、200日移動平均線に迫ろうとしています。これは非常に危険な兆候であることは間違いなさそうです。ただし先行指標とされているため、日経平均に今すぐ影響があるのかどうかや、以前5月に200日線まで到達してから反発した経緯もあることから、完全にチャートが崩れたわけではないと思っています。

評価:2

②ハイイールド債は文句なしで評価:5

③ナスダックは半導体指数の下落もあり、大きく調整中。ラッセル2000も下降気味。

評価:2

④主体別動向でみると、個人は売り越し続き、外人は買い越し続きという意味では、日経225に対して大きくポジティブなのですが、外人の買い圧力がいまいち心持たないという不安があります。

最近の掲示板で、もう外人は日本株に興味すら持っていないという書き込みを目にすることが増えました。なんとなくさみしい話です。

評価:4

⑤掲示板やツイッターの雰囲気はすごく読みづらいです。個人的には主体別動向であったように売りに傾いているのかと思っていたのですが、ツイッターでアンケートを取ってみると、意外にロングポジションが多かったりです。みんな売りって言ってるだけで実は買ってるのかもですね。分からないので評価:3

⑥ドル円は明確に危険な兆候を示しています。モーサテでも取り上げられていましたがシカゴ投機筋の円売りポジションが相当数積まれているため将来の円買い圧力になってしまうので、円安になりようがない厳しい状況のようです。

評価:1

⑦東証リートは下げ止まりはしたものの、弱い。しかし東証2部、トピックスは強いです。

評価:3

上記を全て足し合わせると、20になりました。

項目は7つなので、21が平均と考えると・・・完全にニュートラルってことになりました。

エリオット波動分析としても迷いが生じており、その他の定点観測点でみてもニュートラル・・・これはコールなんて握っている場合ではなさそうです。

分からないときは手を出さない。今は自分の資産をどうやって守るかを考えたほうがいいってことなんでしょうね。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大