はじめに

日経225先物取引を始めて丁度2年がたちました。

当時まだ20代後半だった私がなんでそんなものに手を出したの?

という話なのですが、就職してからその頃までは、とある遊戯をして過ごす日々でした。

仕事が忙しくないときは皆勤賞をとったこともあるくらい、はまってしまっていました。

そうこうしているうちに、それだけでは飽き足らずもっとハラハラできる勝負事がしたいと思うようになってきました。

何を始めようかと考えたときに、まず真っ先に思いついたのがFXです。

大学の研究室の同窓会でも、○○万円やられた(儲かった)~という話が挙がるくらいメジャーな投資対象でした。

ただ天邪鬼な私は、もう少し知られていないレバレッジがかけられる投資はないか?と考えて日経225先物に行きつきました。

そこから先は本当によくある話だと思います。ビギナーズラックがあった分まだ私は運が良いほうです。

たちまち証拠金ぎりぎりの勝負をしかけ、勝ち負けを繰り返しながらも、2015年8月までにそれなりの利益を上げることが出来てしまいました。

そして2015年8月、同じような経験をされた方も大勢おられると思いますが、1回目の退場です。

会社の社員寮の屋上で呆然と途方に暮れてしまったことを思い出します。証券会社への借金は両親が肩代わりしてくれました。

その後半年もたたないうちに私は性懲りもなくトレードを再開します。大きな失敗があった分これからは慎重にトレードしようと、その時は考えるんですが・・・慎重に考えたところで未来の答えは分かりません。

当然その先には2度目の退場が待っていました。

でも2016年6月に奇跡が起こりました。

ブレグジットの前後に運よく数回往復でとることができ、1か月で資産を大きく増やすことが出来ました。

この時、助けてくれた両親にお金を返しておけばよかったものを・・・

そこからは今に至るまで連戦連敗です。

もうやめとけば?

自分の中のわずかな理性が繰り返しそう訴えてくるんですが、どうにも諦めきれません。

何年かかってもいいからこの世界でやられた分を取り返したいと考えてしまいます。

でも今までと同じ無鉄砲なやり方では同じことを繰り返すだけです。

どうにか武器になり得るものはないか考えた結果、エリオット波動を活用することを思い至りました。

次投稿に続きます

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大